2種類のチャットシステム

ライブチャットのシステムは、チャットレディーと男性が一対一で会話を行う『ツーショット(2ショット)』が主流です。しかし、昨今では『パーティ』と呼ばれるシステムも流通しています。
パーティタイプのチャットは、チャットレディー1に対し、複数の男性がログインすることが出来ます。チャットレディーを独り占め出来ないじゃないか!と嫌う男性もいますが、「一対一だと緊張するから・・・」「僕は口下手だから、会話を上手く振れなくて・・・」という男性に、とても重宝されています。また、パーティチャットに似たシステムとして、男女が同人数で楽しむ『コンパ』タイプのチャットが存在します。
ログイン率は環境により左右されるため、ここでは触れません。お勧めの流れは、パーティチャットで常連獲得→常連とツーショットですね。なかなか常連が出来ない!とお嘆きの方は、パーティチャットで顔を広めるといいでしょう。
報酬も環境により左右されますが、安定して稼げるのはツーショットチャットです。パーティチャットは男性ひとり辺りの単価が低く、大人数を相手にしないと稼げません。しかし、逆に言うと、人数さえ確保できればツーショットより稼げる可能性はあります。
尚、報酬が発生するのは会話だけではありません。ライブチャットによっては『のぞき』システムを導入しており、のぞき人数によって報酬を得ることが出来ます。チャットレディー側でOFF設定にすることも可能ですが、+αの報酬を確保したいのであればONに設定しておきましょう。ただし、その場合は会話の内容―個人情報を漏らさぬよう―にご注意下さい。
ツーショット、パーティ、コンパ・・・まずは一通り体験し、あなたが使い易いタイプを発見して下さい。ストレスを感じない環境で稼ぐことが大切ですよ。

ライブチャットに登場する用語

下記の用語は、ライブチャットの世界で広く使われているものです。知らなくとも問題はありませんが、知っておくと便利なので、適当に覚えておきましょう。
●ノンアダルトチャット
 アダルト要素厳禁、ピュアなライブチャット。
●アダルトチャット
 エロスだらけのライブチャット。海外サーバーで運営しているケースも多く、混雑時にはちょっと重たい。
●リピーター
 常連とも。定期的に通ってくれる男性会員のこと。
●エロ客・エロ会員
 呼称通りエッチな男性のこと。ノンアダルト系ジャンルのライブチャットにも出没する。
●オンライン
 インターネットに接続中、待機中の意味。
●オフライン
 インターネットに未接続、未待機の意味。
●待機映像
 チャットレディーが待機する様子を窺えるシステム。ライブ映像。
●待機保障
 男性会員のログインが無くても、いくらかの報酬が保証されるシステム。
●チップ
 男性会員からチャットレディーへのお小遣い(ミニボーナス)。報酬に加算される。
●顔出しNG
 諸事情により素顔を見せられないこと。又は、そのチャットレディーのこと。
●かけもち
 複数のライブチャットを掛け持ちすること。又はそれらライブチャットへ同時ログインを行うこと。
●キック(機能)
 迷惑な男性会員を、強制的に退室させるシステムのこと
●逆指名チャット
 チャットレディーが男性会員を指名するシステム
●コントロールチャット
 男性会員が、チャットレディーを映すカメラをコントロールできるシステム
●双方向チャット
 チャットレディーと男性会員、双方がカメラを使用したチャット
●パーティーチャット
 チャットレディー1:男性会員複数で楽しめるチャット。
●覗きモード
 チャットレディーと男性会員の会話を覗き見出来るシステム。覗きの人数に応じて報酬が加算される。
●チャボ
 チャットボーイの略称。

ライブチャットガ−ル 募集に関して

ライブチャットサイトにログイン出来るのはあくまで男性飲みで在り、女性は基本この行為に至る事が無いシステムとなっています。
女性がライブチャットを利用する以上、彼女達は総じて在籍しているライブチャットガ−ルなのですが、
実はこのライブチャットガ−ル、そのサイト上で直接募集する事は無いのです。
そしてライブチャットガ−ルが全員、映像配信を仕事とするのに必要な特殊な資格を有しているのかと言えば、当然そうではありません。
とある1つのコンセプトに沿った特殊なサイトで無い限り、彼女達は一般の素人女性であり、普段は学生、OL,、主婦なのです。
ですからライブチャットガ−ルになるために特別な勉強や資格取得の義務は無く、特にタイピング技術やパソコン関連の知識に長けている必要も無いのです。
一定年齢以上の女性であれば、誰もがライブチャットガ−ルに応募して仕事に就く事が出来るのです。
ですが上記の通り、ライブチャットサイト上でダイレクトにライブチャットガ−ルの募集が行われる事は無く、
これらはネット上の仕事情報系歳配信サイトを通じて行われているのです。
仕事募集関連サイトを閲覧すると、ライブチャットガ−ルの募集告知を目に出来るハズですので、まずはこちらを探して確認してみましょう。
但しこれも上記の通り、ライブチャットガ−ルは18歳以上でなければ応募出来ません。
そして年齢制限条件クリアの他に、パソコンを持っている事と映像配信がスム−ズに出来る高速インタ−ネット回線環境が整っている事が必須です。
またWEBカメラも必要ですが、こちらは家電量販店で2000円程度で調達出来る物で十分対応出来ます。
これらの条件を全てクリアしているのであれば、女性なら誰もがライブチャットガ−ルの募集告知に応募出来るのです。